info_page
集合住宅(共同受信)での地上デジタル放送改修工事
なぜ地上波デジタル改修工事が必要か?
現状の共同受信設備で地上デジタル放送が受信できない事例

アンテナ
UHFアンテナの使用帯域が地上デジタル放送帯域になってない。

フィルター
アナログUHF波のみ通過させるフィルタを使用している。

変換
アナログUHF波をVHK波に変換して伝送している。

混合器
UHF多方向受信で混合器を使用している場合、混合器の帯域によってはデジタル放送が受信できない場合がある。

増幅器
増幅器の性能がデジタル放送に対応できていない。

老朽化
設備の劣化・老朽化が進みデジタル信号伝送に障害をきたす。

このような場合にはデジタル改修工事が必要です。
テレビの信号レベル

テレビの信号の強さをデジベル(dB)であらわします。
デジベルが一定以上無いとテレビが映りません。

しっかりとした受信調査が必要なり、専用の測定器で信号のレベルを判断いたします。

Page Top



この改行は必要→