info_page
無料インターネットマンション・導入金額(概算金額)・京都
8室のマンション(ハイツ)で、既設配管がすべて有る場合。
オーナー様直接のお申し込みでの価格設定です。
35〜40万円程度でご導入出来ます。
(一室辺り約5万円)
配管が無い場合は別途お見積もりとさせていただきます。

当社システム一括の場合
8室のマンション(ハイツ)で月額¥20,000前後
(税別)
こちらにはアクセスライン・プロバイダー・工事費・機器代・電話対応・機器保守代を含みます。
配管が無い場合などは上記料金では施工出来ない場合があります。


工事内容
インターネットマンション
宅内工事
  • 配管の通っているプレートに情報コンセントを取り付けます。
  • 宅内から端子盤までLANケーブルを入線します。
  • 結線完了後、ケーブルのテストもしくはインターネット接続テストを行います。

共用部工事
  • PS・EPS(パイプスペース・シャフト)内にケーブルを通して行きます。
  • 端子盤にスペースが無い場合は端子盤を新たに設置させていただきます。
  • 端子盤内にHUBを取り付ける工事を行います。
  • HUBの設定を行いVLANを構築します。

上記が工事範囲内となります。

概算お見積もり
概算8室のマンションで一室あたり工事費5万円!
概算 配管有り 配管無し
 1 〜 5戸  ¥380,000- ¥560,000
 6 〜 12戸  ¥400,000‐  ¥600,000-
 13 〜 20戸  ¥500,000‐  ¥660,000‐
※概算となります、現地調査を無料で行わせていただきます是非お問い合わせくださいませ。

神西通信のLAN工事
神西通信のLAN工事はここが違う!
LAN工事はケーブルを通すだけとおもっていませんか?
「電気屋さんに安くでお願いした」「自分でも簡単に出来る」とおもわれている方も多いですが、実際のLAN工事はそんなものじゃありません。
LANケーブルの事をしっかり知っていないと通信速度が遅くなるなどのトラブルが出ます。

フルークケーブルアナライザーによるケーブルテスト
市販の安価なケーブルテスターでは結線が正確かどうかのテストしか行えません、フルークを使うとLANケーブルに信号を流して正常に通信が出来るかを測定します。
LANケーブルが外部から干渉を受け、信号が正常に受信できないなどの通信トラブルを測定出来るので安心してLANケーブルを使うことが出来ます。
※移転や増設や修理などの場合は簡易テスターやping試験での測定となる場合があります。

パンドウィット製品を使用
情報コンセント、RJ-45などの情報機器にパンドウィットを利用しています。
損失になる接続箇所の損失を出来る限り少なく施工できるパンドウイットを使うことでケーブルロスによる通信速度の低下を防止します。

情報コンセント取付け前

               →
情報コンセント取付け後

端子盤にHUB・ルーターを収納
ケーブルやHUB・ルーターなどの機器をPS・EPS内に裸で取り付ける事はセキュリティの観念からも絶対にお勧めいたしません。
用意に不正接続を行わせる事になります。
金属の収容BOX内に収める事で簡単にケーブルを接続させる事を防ぎセキュリティを高め、いたずらなどによるケーブルの切断や機器の破損からもHUB・ルーターを守ります。

設定シートのお渡し
オーナー様が自ら保守をする場合、どのような設定がルーターやHUBに行われているのか?ログインIDはどうなっているのかなど不明な点が多々出てきます。
神西通信ではオーナー様向け設定報告シートをお渡ししております、オーナー様が自ら設定変更をする事も可能ですし、いざと言う緊急時でも対応が可能です。
(システム一括メンテご契約のときは当社にてすべて管理いたします。)


Page Top



この改行は必要→