info_page
入院患者様向けインターネットシステム
ご自宅でインターネットを利用されている入院患者様の70%以上が
病院でのインターネット接続を希望されています。


病院ではインターネットを使えないのが常識になっていませんか?

・同じ病気の人と情報を共有したい
・病気の情報を知りたい
・家族とコミュニケーションが取りたい
・入院中も仕事をしたい
・少しでも楽しく入院生活を送りたい

など入院患者様が病室でインターネットを使いたいという要望は実は沢山あります。
ところが、病院側は「そのようは声は入院患者様から聞かない」とおっしゃいます。

それは、病院でインターネットが使えないというのが当たり前だとおもっているからです。

多くの入院患者様が諦めているのが現状なのです。
入院患者様もぜひ病院側に「インターネットを利用したい」と申し出てください、諦めてはだめです。
アンケートを取ると結果に反映します。
一度入院患者様向けにアンケートを取られてみてはいかがでしょうか?
入院中にインターネットを使いたいですか?という単純なアンケートでも実に三割以上の方が即使いたいとおっしゃいます。
使いたいと回答される方をあわせると半数以上が入院中のインターネット接続を希望されています。
病院側のメリット・デメリット
病院側のメリット
入院患者の評判がよくなる。
来院者の確保

病院側デメリット
導入コストの問題。
利用者のモラル

やはり病院側の大きなメリットとして入院患者様の確保となります。
インターネットが利用できる病院に入院したいという患者様が増えると空きベット数の問題などの解消が計れます。
デメリットとしてはイニシャルコストの問題が大きくなります。
またしっかりとした利用規定を設けておかないと、インターネットを利用するにあたり問題点が出てきます

入院費にインターネット利用代をのせて・・・
たとえば一日200円程度のインターネット利用料を入院費とは別に入院患者様にご負担頂く事で病院側のイニシャルコスト・ランニングコストの解消に利用します。
これにより病院側の負担を大きく減らすことが出来ます。

インターネット専用スペースの活用
病室とは別にインターネットを利用するお部屋を決めるという方法もあります。
これは大部屋などで夜間のマウスやキーボードの音が気になる場合でも、利用時間をしっかり区切って利用できるというメリットがあります。
入院患者様専用で決まられた時間にインターネットを利用できるスペースの確保、さらに利用規定をしっかり決めることで病気治療の負担を減らしながら入院患者様にインターネットをご利用いただけます。
有線LAN方式
LANケーブルを配線します。
病室(個室)向けにインターネット用のケーブルを枕元まで配線します。
もちろん、大部屋に配線しそちらの部屋はインターネットをご利用したい入院患者様専用にする事も出来ます。
接続が簡単で安定した通信が出来るLANケーブルを使うことで入院患者様にきっと満足していただけます。

無線LAN方式
アクセスポイントを設けて無線LANアクセス。
入院患者様が手軽にインターネットをご利用いただけるように、無線接続によるインターネット環境を構築します。
配線コストが大幅に減らせ、専用スペースにアクセスポイントを置くことでインターネット専用スペースの構築を安価に手軽に構築できます。

医療機器とで利用している無線LAN方式と同じものを利用できます。
医療機器への無線の障害を減らすことができます、また電波の混信を判断し自動的にチャンネルを変更することで電波障害を緩和します。
ご興味のある病院関係者さま
是非お問い合わせ下さい。

お問い合わせ先はこちらまで。   お問い合わせ

Page Top



この改行は必要→